フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

上手い人の話

1週間のご無沙汰でした。斉藤ケイでございます。


連休をもらい、つい、はしゃいでしまった為

PCから少し離れ気味でございました。


はしゃいだ私がやっていたことは、おうちのリフォームです。

アジアンテイストだったインテリアを、ちょっとだけヴィンテージ風にしようと。


計画し始めた当初は、小物を変えていくぐらいに思っていたのですが、

絵や小物を変え出したら、納得がいかない状態になり、

ドツボにはまっていったあげく、壁紙やペンキ塗り突入になりました。


ここ数日は、どこかにご飯食べに行っても周りの壁紙見たり、

ドアの木目は貼ったものかどうかも興味深々になってしまい撫でてみたり、

トイレに入った際には、角部分の壁紙のつなぎ目なんかも見てしまい、


「この職人、なかなかの腕だわ」


と一人で関心してなかなか出てこれなくなることも。



いつも家で、お掃除や何かの作業をする時は、好きな音楽を流し、

テンションをあげて動くのですが、


ある年の暮れの大掃除のとき、

パパさんは大掃除もせず、CD選びをしているのです。


「あなたも動いてね~」というと

「俺は、一生懸命にケイが動きやすい曲を選曲してあげるから任せといて」


と、優しさアピール全開にしてきました。


結局、DJパパさんの選曲した曲を聴き、私が大掃除するという、

納得がいくようないかないような展開になりましたが・・・・。

(パパさんは全く動いておりません!)



今回も好きな曲聴きながら、もう少しやってみたいと思います。


パパさんの役目は、いろいろ変わった部分を褒めていくことのみ!

(いつもラクでいいよね~)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。