フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

姉が忘れられない出来事の話


 あれは小学3年の運動会、家族も見にきてくれて私はやけにはりきってた。



リレーと障害物競走の出場の私。



苦手な障害物競走・・・・。負けず嫌いの性格がでてアセッて、



いつも1位にはなれないし。



けど、その時のそれは普通の障害物ってもんじゃなかった。



円錐形の先っぽに直径3mmの穴があって、


メガホンを逆に顔に 当てて覗きながら走るようなもの。



前が見えにくいから、木の棒で前をさぐりながらゴールまで走る。

今思うと、結構危険な競技。


その名も「視界ゼロ」(忘れません!)

いよいよ私の番になった時、厚紙で作られたそのメガホンみたいなのを顔に当てて、


棒を持ってとりあえずの深呼吸した。

そのとき!!

厚紙が~グチャって・・・しぼんじゃった。



穴なくなった。



何にも見えない~~~(T_T)



でも取ったら失格だし、1番になりたいし。。。。。。。



ヤケクソで、棒振り回しながら走りまくったら、


棒が何かに当たった。

なぜか約30cmほどの幅にしか振れない。



上も10cmほどでつっかえる。



その範囲で棒を振り回してた私。なにがあるのよ~~~~って。

なんか心なしか周りから笑い声が聞こえた~?



何も見えずに棒を振り回していた私に、先生の声が。



「もういいから・・・・」って。


そして先生は私の手を取って 走った!



ゴール。しかも1位!!

家に帰ってから聞いたところによると、


私が棒を振り回していた場所は


同じ列を走った女の子の股の下だったらしい。



その子は、いきなり自分の股に棒がやってきて、


ガンガン左右上下に振られて 、 全く動けない状態になっていたため、


先生の登場となったとのこと。



私の家族も申し訳ない気持ちを持ちながら、爆笑していたらしい。



姉は何十年たった今も、


その光景を忘れられない出来事として大切にしているそうです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。