フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

走り去ったお弁当屋さん

ここ数日で、インフルエンザでお休みだったスタッフも無事復帰し、肺炎になりかかったスタッフも復帰。
そして、腰痛で休んでたスタッフも復帰した。
もう一人はいきなりの手術で入院し、無事退院したばかり。


実はこんな感じで
誰か『デスノート』みたいなのに記入してないか?って声もでたほどの病気&ケガの連鎖だった社内。


そんな中で何事もなく過ごした私は(決して私はノートは持っていません!)
みんなの復帰を見届けて、安心して、思わず気が抜けました。


そしたら早速、昨日は、朝から低血圧気味。
チョッとした無重力状態のかんじで、宇宙旅行気分の出社♪


もちろん、お弁当なんかも持ってきてないし、
外に何か買いに行くのも億劫。(道凍ってましたもの)


というわけで、お弁当を配達してもらうことにしました。


インスタントだけどお味噌汁もサービスでついているお弁当^^
日替わりでおかずが変わるので、ちょっと楽しみなのです。
しかも、今年初めての注文だからお弁当屋さんにも挨拶しとこ!等思いながら、11時の配達を待っていました。


「こんにちはー!!」
ついにやってきたお弁当屋さんのお兄さん!


「ありがとう~♪今年もよろしくお願いしますね~♪」


って、¥400渡して、冷めないようにという気づかいのお弁当が入っている発泡スチロールを受け取りました。


お弁当屋さん「じゃあ、食べ終わるころの1時頃、空箱もらいに来ますね~」
私「はーい!ありがとう!」


って言って、箱持って、席に戻ろうとした瞬間。


「あれ?」
私の手が一瞬にして、無重力状態になりました。
全部、みごとに逆さまになり散乱してますよ~


今日はメンチカツも入ってたみたいですね~
なんかキャベツの千切りや、他にも揚げ物入ってたみたいですよ~
って、散らばったモノ見て、今日のメニューを知るはめに・・・・。


帰ろうとしていたお弁当屋さんも、あ然。
そりゃそうでしょ。
たった今、お金もらって、お弁当渡したばかりですもんね。



私「すみませんけど・・・、予備のお弁当ってないですよね?^^;」


お弁当屋さん「はい・・・ないんですよ」(なんか重い空気)


私「ですよね~^^;あの~今空箱お返ししますね^^;」


お弁当屋さん「はい^^;」


で、私がお弁当箱を返した途端に、


「また、よろしくお願いしまーす!!」


って、お弁当屋さん、
叫びながら走り去っていきました。


大丈夫!悪いのは私ですから_| ̄|○





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。