フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

タイミング次第で誤解を招く話

昨夜は夕方からの勤務。


翌日届く事務所内の冷蔵庫の置き場をつくる為


ほこりまみれになりながら大掃除を。


黒いスーツがあっという間にグレーになっていました。


どうにかスペースができて、満足したところで


ラジオを聴きながら、コーヒータイムにしようと。


誰かが持ってきたラジオなので
(たぶん、以前登場した炊飯器の持ち主所有)


あまりさわらずに電源オンのみ!


英会話の講座が流れてきました。


耳で慣れるのって大事よね~といい気分で休憩。



その後、途中仕事をしながら、


また事務所に戻ると、韓国語講座に変わってましたが


なんでも勉強しとくといいものよね~とそのまま聴いてました。


で、またお仕事して、戻ってきたら


中国語に変わっているではありませんか。



どうも設定が足つぼマッサージ店らしい。


なんでよりにもよって、足つぼマッサージの会話なのかは不明ですが


そんな私の思いは置いといて、会話開始!



「初めはとても痛いですけど、だんだん気持ちよくなりますよ~」


の練習。


まずは中国語で話してます。



ちょうどその時、うちのスタッフの男性がやってきました。


彼が事務所に入ってきた瞬間、


ラジオから日本語で


「初めはとても痛いですけど、だんだん気持ちよくなりますよ~」




スタッフ「え?何聴いてたんですか??」


私「中国語講座!足つぼマッサージ店での会話!」


スタッフ「そうだったんですか^^;」



なんか、変な空気流れたので、


「最初英語聞いてて、それが韓国語になって、中国語になって、そしたら気持ちよくなりますよの会話になってたのよ^^;」


と、ベッドの下からH本が見つかった高校生男子みたいになっていた私でした・・・。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。