フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

歌舞伎役者風お弁当屋さん

お弁当を注文する日は、朝電話を入れます。


お弁当屋さん「は~~い~~~。は~~し~~も~~と~~や~~で、ご~~ざ~~い~~ま~~す~~~~」


もしかしたら、大見得切りながら話してます?と思えるほどの歌舞伎っぽさに初めてかけた時にはビックリ!
思いっきり低い年配の女性の声で、結構粘りがある。
忙しい時間に掛けたら、ちょっとこちらがイラつきそうになります。


一度、あちらが言い終わるのを待ちきれずに、「は~~い~~~」の後に
「○○ですけど」と入れてみましたが、結果、


「は~~し~~・・・・」と重なってしまい、惨敗しました。


あちらは言い終わるまで、受け入れ態勢ゼロ。
嫌でも、ちゃんと聞いとけよ!の状態です。
何回か聞いてもやっぱりちょっとイラついてしまう。


些細なことでイラつくのはもったいないので、
私なりに対策をねってみました。


まずは相手のペースを知ること。
ストップウオッチで最初の言葉を計ってみました。
「は~~い~・・・・・・・ま~~す~~~」
で、約20秒。


普通に話すと3秒で終わる言葉を20秒で話すなかなかのツワモノでした。
その間にこちらが入る隙も一切与えない。


終わるまで聞かないと、注文が入れられない。


どうにか考え出した案が、相手に合わせて心の中で一緒に言う方法。
もうペースはつかんでいるし、先生が一緒に歌ってくださるなら私も間違えない。


で、実験してみました。
結果、私の心の中の声とみごとに重なり、
「だははは^^やったわ^^」
20秒間じっと待つのではなく、一緒に奏でると大丈夫なもんです。
これで、お弁当の注文もストレスなしでいけると喜びました。


そして2日後、
苦手なものを克服した喜びに満ち溢れ、
自信をもって電話をかけると


「はい!はしもとやでございます!」


ちょっとまって!!私の心の準備ができてません!


「は~~い~~~。」って私の心の中の声が言ってる間に
いいおわっちゃってるじゃありませんか!


一体あなた誰なんですか!


と一瞬パニックになった気持ちを抑えて聞きました。


「あの、注文受ける方変わったんですか?」


「はい^^;いろいろミスが続きまして、辞めたんですよ」


あ・・・・・・・そう・・・・



きっと、みんなあの方が言い終わる前に注文入れたに違いない。
それで注文ミスが出ちゃったんですね。


みんなも一緒に心の中で歌えばよかったのに・・・・。


時間まで計って、一緒に歌う努力したのに・・
辞めるなら、もうちょっと早く言ってほしかった・・・・。


誤解があるといけませんので付け足しますが、障害をお持ちの方ではごさいません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。