フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

魔物登場の話

ついに魔物出しました。


魔物をいつ登場させるか、そしていつ片づけるかは、私の一存で決定されます。


もともと家事が得意ではない私は
一応娘がちゃんと大人になるまではと、頑張ってきていました。
お仕事しながらでも、ちゃんとしたご飯作ってあげたい、きれいな場所で生活させてあげたいって。
100%はムリだけど、出来る範囲で頑張ってきてました。




そして、娘が離れた所に住み始めた現在。
夫婦二人の生活になり、お母さんの役目がだいぶ減ったら


気が抜けるもんですよね~。



そこに魔物だしたら、絶対すごい勢いで転げ落ちるんじゃないかとの不安が。


今の私には、ちゃんとしなきゃいけない理由もない。
ありがたいことに旦那さんにも気を遣わなくてOK。
仕事も忙しく、精神的疲労も多少ある。


ここであの魔物が出現したら
きっと私を堕落した世界へ導いてしまうに違いない。
その世界の居心地の良さは、絶対私を虜にしてしまうはず。



そんな恐怖を感じながらも
TVで
「明日の朝は一番の冷え込みになります」
と言われた瞬間。


「パパ~~どいて~~コタツだすよ~~」
と動いていた私。



あっという間に魔物出しちゃいました・・・・・。


夫婦二人で魔物に足を入れた瞬間
「天国だね~」



目が覚めたら夜12時。
旦那さんも口開いて、寝ちゃってました。
初日から、私達はまずい世界に足を突っ込んでしまったようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。