フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

妄想が暴走した話

車の中歌を歌いながら気分よく帰宅しましたよ~♪


ポストに入っていたのは『ご不在連絡票』


めずらしく旦那さん宛の宅急便みたい。


ん?差出人は全く知らない女性のお名前。



品名は食品でも衣類でも書籍でもなく、その他らしい。


なんだろ。


だれだろ。


もしかして、どこかの女の人の家に忘れ物してきたか?


そういえば、最近メール苦手な人なのにメールしてることあるね~


旦那さん宛の荷物だから、このまま不在連絡票渡してあげた方がいいかな。


帰ってきたら「〇〇さんからお荷物あるみたいだよ~」って言った方がいいのかな。


送り主さんは、わざと自宅に送ってきたってことか。


これはもしかしたら事件だぞ!って
ちょっと楽しくなってきました。


たしかに最近あの人、ご機嫌な日が多いしね。
この歳になって楽しいことがあるのは大事だとも思う!
知らないふりしといてあげたほうがいいかな。


どうしようか迷いだしたわたし。



そこでもう一回連絡票の名前確認。




あれ?


苗字知らないけど、下の名前どこかできいたことありそう。




「あ~~~~~~」


娘の彼のお姉さんだ!!


娘もたくさん可愛がっていただいてるから、出産祝い送ったのですが、
きっとお返しを送ってくださったんですね^^;


ご結婚後の苗字知らないもので、ついどこかの若いお姉さんを想像しておりました。


事件はあっという間に解決。
古畑さんにも、コナンにも頼ることなく、一人で解決してしまいました。


そこへちょうど帰ってきた旦那さん。


「出産祝いのお返し届いてるみたいよ~」と


私はなにごともなかったかのようにふるまってみました。
(私の頭の中だけのことなので、実際なにもありません)


ちょっとワクワクしてたのですが、何もないのが一番と、
今日も一日無事に過ごせたことに感謝します。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。