フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

キャンプのお話 その2

無事にきれいな夜景を見終わり、一番の目的を果たした私達。



エベレストの登頂にでも成功したぐらいの達成感で


元気に自分のサイトに戻ってきました。


GW中の平日なので、人はまばらでイイ感じです。

(うるさかったり、明るすぎるのは嫌いなもので)


ランプがないと何も見えない暗さの中、イスに腰掛けて

上を眺めたら、


私の真上に、大きな北斗七星が!!感動です!!


「すごいよ!見て!」


と、言ったけれど返事がない・・・・・


テントの中も、車の中にも誰もいない・・・・


あたりが真っ暗で遠くまで見えないけど、パパさん、どこにもいない・・・


そういえば、ここに戻ってくる途中までは横歩いていたけど、

ゴール地点で、私が先に歩いて入ってきたまでは覚えてます。


暗闇で一人、シーーンとした森の中で、考えました。


1、神隠しにあったのかもしれない。

2、転んで倒れたままになっているかもしれない

3、誰かに刺されたかもしれない

4、クマに連れて行かれたかもしれない

                etc.etc.etc.・・・・・・


あれやこれや考えた挙句、もし戻ってこなかったら

私は一人でテントでちゃんと寝れるだろうかと考えていました。

今思うと、パパさんの心配よりも、最終的に自分の睡眠のことを

思いっきり考えていました。

このことは、絶対秘密です!ここだけの話にしておいてください。


どんな時でも前向きな私は、いざという時の為に、一人でテントに入って、寝る練習をしてみたりしてみました。

いつでもシミュレーションは大事です。


そこへ行方不明の方がいきなり現れました!

まるで何事もなかったかのように平然と。


私が星に感動している間に、一人で歯磨きに行ってきたそうです・・・・。

一声かけていけば、私は星に感動したまま過ごせたのに、

寝る練習するはめになっていたじゃありませんか。


しかし、そういう事態が発生していたことを、今更言うことも面倒なので、

近くの温泉に行き、スッキリしてテントに入りました。


「明日は早起きして、食事しよう!」


そう言われて、6時半にアラームセットし、快適空間で11時就寝。



外が少し風が出てきて、木々がそよそよと鳴りだしました。

こういう音を聞きながら眠れるのが、シ・ア・ワ・セ


なんか、頭のほうの外が、ゴソゴソって音がする。

大きな虫でも来たか?虫ぐらいいっぱい来るよね~。

そんな音聞きながら眠るのも、シ・ア・ワ・セ



しかし、その音が大きくなりだして、気になりだした。

なんかの動物が来てる?リス?たぬき?まさかのクマ?


そう思い始めた頃、テントがバタバタしだしました。

ビューーーって音もしだしました。


「なにこれ!寝れない!!」


パパさんも寝れず、外に出てみるとすごいことに!


テーブルの上に張っていたタープが強風に耐えられなくなってます!

テーブルをたたみ、いろんなものを中に入れてタープをかぶせました。


[1時30分]

私も外に出て、テントのロープの強化に!

どんどん強風になってきて、テントが飛びそう!



[3時]

どうにかテントを強化した私達は、また就寝チャレンジ。

強風に負けた方々が、次々と帰って行く音がします。

ブロロロ~ってバイクの音やら、ブーーーンって車の音。


テントの中で、その音を聞きながら、風で変形しそうなテントを眺め、


「エベレストとかに登る人ってこういう中で寝るんだろうな~」

(テント自体も設営の仕方も違うだろうけど)


と、勝手に思いながら、サバイバルゲームの勝者気取りで寝てみました。



[6時半]

管理人さんがやってきました。


「強風ですので、早めに片づけられたほうがいいですよ!この辺の風は大変なことになりますので!」と。


外出てみたら、その辺の木、枝が折れてました・・・・・。


山をなめちゃいけません!←学んだこと




愛用のガスコンロでの朝食を食べることはムリでしたが、




生きていられたことに感謝いたしますm(__)m



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。