フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

姉との会話

お休みは姉とよく電話で話します。


昨日の電話の内容は。


姉「最近ね、うちのパパの髪の毛がちょっと薄くなってきた気がしてね。〇ちゃんにいいサプリメント探してもらったのよ」


〇ちゃんは姉の息子です。
仕事柄、お医者さんとお話しする機会が多いので、いろんな情報を姉は仕入れている様子。


姉「それでね、今パパに飲んでみてもらってるのがあるから、効果あったら教えてあげるね~」


とのこと。


まあ、まだ大丈夫みたいだけど、うちのパパさんだってこの先どうなるかわからないし、知って損はない。


姉「あのね、どうも『アヘン』がいいらしいのよ!髪の毛には『アヘン』なんだって!」


お姉さん・・・
いくら髪の毛薄くなっても、私は旦那さんに麻薬は与えたくないです。


私「ねえ?本当に『アヘン』なの?」


姉「そうよ。違ったかな?あ!ごめん!『亜鉛』だった!」


あーー、亜鉛ね。


そうなんだ、亜鉛なら許す。


その後、姉は『亜鉛』について語りはじめたが、話のところどころで『亜鉛』が『アヘン』になっていました。


誰かが盗聴していたら、家宅捜査入りそうな会話になってます。


一昨年、『激落ちくん』のスポンジを知り感動しすぎて、15年前から売られている『激落ちくん』(本人は知りません)を親戚に教えまくっていた姉。


また、あの感じでおススメするなら、『アヘン』の言い間違いはまずい。
人から人に伝わると、いろんな部分で脚色されて、しまいには


「〇〇ちゃんの旦那さんって、アヘンやってたらしいよー」


って、なりかねない。



そう思った私は、今お試しの『亜鉛』の効果がでないことを願うことにしました。
お義兄さん、ごめんなさい。
これもすべてあなたを守るための願いです。
あなたは、そんなに薄くなってないので、こんな妹の願いを許してください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。