フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

スイッチ♪スイッチ♪

やらなければならないことが、ドンドン増えてきていますが


一向にやる気スイッチが入りません。


もともとのテキトーな性格にさらに拍車がかかり、磨きまでかかり、


私のテキトーさはピッカピカです。



小さい頃からそうだったな~と思い出しました。



夏休みの宿題なんて、後半の一週間もあればできると遊びまくり。



結果、夏休み最終日は


母→夏休みの日記のためのお天気調べ(新聞で確認)&手芸


姉→宿題の答え作成


私→母が調べたお天気に合わせて日記を書く

  (雨の日に海に行きましたは、つっこまれると思っていたから)


父は仕事でほとんど不在でしたので、残念ながら不参加でした。


朝顔だったかの観察日記もあった気がします。


現在のようにPCなんかなかった時代なので、そこは百科事典が活躍。


何日で成長して、いつ頃花が咲くかも書いてるので、写すのみ!



こういう幼少時代をお過ごしになり、お元気にご成長なさった私は、


そのまま年齢だけ、大人になってしまいました。


母も姉も、毎回、地獄を見るのはもうたくさんという感じでしたが


いつもちゃんとお手伝いしてくださり、今でも心から感謝いたしております。



いくつになったら学ぶのか、自分でもちょっと興味があるんですけど、


とりあえず、スイッチ探しから始めまーーす♪



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。