フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

平日の温泉施設 その1

パパさんが誰かからいただいた温泉施設の無料チケット。
期限が3月31日までだったので行ってきました!


平日水曜日の午後4時、混んではいないだろうという予想はみごとにはずれ、中高年の方々がわんさかいらっしゃるではございませんか・・・・。


皆さんも誰かからもらった今月末までの無料チケットがあって、使い忘れていたことに気づき、


「最終日は絶対混むだろうから3日前の今日のうちに行っとこう!」


って思った、同じ発想の人がこんなに集まったに違いない。


と、勝手に思いながら受付を済ませました。


館内で着用するリラックスウエアーは、必要な方のみお渡しいたしますとのこと。
パパさんが夜7時半に友人達との約束がある為、サッとお風呂だけ入ってこようと言っていたので、私達はいらないわよね~と確認しようとしたら


「ウエアーいただきます^^」


と、しっかりと言い放ったパパさん。


「え?いつ着るの?」


今でしょっては言わなかったけど、お風呂上りに着ると。


というわけで、私もいただきましたが。



いただいたタオルやウエアーを持ってお風呂へ向かい


「じゃあね~」


と、パパさんと別れ、女湯ののれんをくぐりました。


たくさんの種類のお風呂の中で、最初に入るのは、ふつうのお風呂です。
どこのお風呂屋さんに行っても、まずはふつうのお風呂に入ります。


ふつうのお風呂→泡の出るお風呂→露天風呂→サウナの順番です。
サウナを途中で入れてみたら、ヘロヘロになったことがあり、そこから学んだ順番でございます。


露天風呂に行くと、大きなお風呂の他に
海外のオシャレな足つきのバスタブ(一人用)みたいなのが2個並んでて、1個には70代ぐらいのオバサマが入っていました。
ここ一人でゆっくりできそうと思い、私は空いてるもう一つのほうに入ってみました。


体も心もリラックスしながら晴れた空を見上げ、そのバスタブに浸かり、優雅に日本の温泉施設で、しかもタダ券で、セレブ気分になっていた私。


「シアワセ~~~~♪」


と、目をつぶったその瞬間!


「ブハーーーッ」


って声が横から聞こえました!


見ると、横の優雅なバスタブに浸かっているオバサマは、大股開きでバスタブの横に足を乗せ、口のギリギリラインまでお湯がきている状態で爆睡しています。
で、少し顔が下がっていくと鼻まできてしまい、そこで


「ブハーーーッ」


って呼吸することが判明しました。


どこかでこんな感じをみたことがある・・・




動物園で見た・・・・


カバさん・・・・



海外のステキなホテルにいる妄想の世界から
あっという間に、動物園に移動したケイでした。


続きは次回に。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。