フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

詳しく報告をする人

今日も元気にお仕事です。


と、言ってみましたが本当は睡魔にやられております。


現在PC前の私は、チカラいっぱい瞼を開いてがんばっています。


きっと帰宅時間が近づくに従って目が覚めるのだろうと思いますが。


誰も眠気と戦って仕事をしている話には興味あるわけないので、
本日の出来事を報告いたします。


私の職場には、毎日クリーニング屋さんのお兄さんが来ます。


お兄さんが来るのは忙しい時間帯ではないので、ちょっとしたお話しをすることもしばしば。


前回会った時に、お兄さんは


「今日頭痛いんすよ!熱ないんですけどね。便秘って関係ありますかね~
ずっと出ないんですけど」


と、言ってきたので、とりあえず頭痛薬をあげて、


「毎日ヨーグルト食べて、腸整えてみたら?なんかヨーグルトによって入ってる菌が違うらしくて、同じヨーグルト一週間食べて様子みて自分に合う菌が入ってるのを見つけるといいみたいよ~」


と、頭痛はどこかに置いといて、腸についてのアドバイスしてみました。


「そうっすか!食べてみます!」


ちょうどあれから一週間の今日


「この前はありがとうございました!出ましたよ!ヨーグルト!一発めでOKでした!」


出ましたよ!ヨーグルト!って。


他の人が聞いたらちょっと変な体質の人みたいに聞こえそうですけど・・・。


とりあえず最初に買ってみたヨーグルトで腸が良くなったようで良かった♪


「そっか~よかったね~^^」


私が言った後、


「いや~~すごかったですよ!こんなのがこんな感じで出てね^^」


と、お兄さんは身振り手振りで説明してきました。


「そうなんだ~よかったよかった^^」


ここまでは一緒に喜べたんですけどね。


「もう、あんなにすごいの初めて見たかもしれない!こんな山盛りですよ!」
体を使って表現しまくるおにいさん。


「そっか^^;」


喜んで暴走しているお兄さんの話を止められない。


「もうね、流れないんじゃないかと思いましたよ!このくらいの太さで」


「そっか・・(T_T)」


普段こんなに話す人でもなかったはずだけど。
そこからさらに詳しい説明を受け、もういいからというオーラを出すことを試みました。


やっと、話を聞き終えた後、席に戻ったらちょうど12時。


お昼ご飯の時間・・・・。


お兄さんには決して悪気はないと信じて
その後、一心不乱にご飯を食べました。


もう便秘の方へアドバイスするのはやめようと思うケイでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。