フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

予定は未定

月曜日は待ちに待ったゴミの日。


本日の私の勤務は夕方から。


出したいゴミ袋は、4袋。(処分作業順調にすすんでおります)



昨夜は翌日のゴミ出しに備え、気合が入ったため、




22時に寝ました!


というより、知らない間に寝てしまっておりました・・・。



昨夜計画した予定はこちら

     ↓ ↓

6時30分・・・・起床。着替え。


6時45分・・・・ゴミ袋2袋を持ちゴミ置きまで1往復。

         さらに2袋持ってゴミ置き場へ。

         手ぶらで往復2分ですが、重いもの持って道を横断する     

         ので倍の時間はかかるはず。

         ご近所さんと出会ったら笑顔でご挨拶して~

         朝から少し運動しなきゃね。


6時50分・・・・ひと仕事を終え、コーヒーメーカーのスイッチオン。

        

7時00分・・・・いい香りが漂う中、パパさん起床。

         笑顔で「おはよう~」言うよ~。

 ↓

8時00分・・・・パパさんを笑顔でお見送りする。

         その後一人で優雅に2杯目入れて、コーヒータイム♪




のはずでしたが、現実はこちら

        ↓ ↓

8時00分・・・・「じゃあ行ってくるね~~」の声が聞こえる。

         声が聞こえた後も爆睡。


9時30分・・・・携帯で時間を見て飛び起きる。

         いつもの回収時間はだいたい9時半。

         とりあえず着替えて、向かいのゴミ置き場確認!

         「まだみんなのゴミある~~~」


9時35分・・・・一気に行くしかない!と決断し、車にゴミ袋4袋積む


9時37分・・・・まだ回収車はきていない。

         「おし!!」

         無事に4袋置く。

         この時間にご近所さんと出会うはずもなく、

         一人車に乗り込む。


9時45分・・・・達成感を感じながらコーヒータイム。

         ここでやっと笑顔になる。



11時間半も寝て、

いろんな人に準備してた笑顔は披露できなかったけど、

そうとうな幸せを感じた私は、

自分の幸せのハードルがとても低いことに感謝した日でした。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。