フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

想定外の話

毎年この時期にやってくる総会。


町内の役員を決める会議。


事前に、欠席の方は委任状ってのを出さなきゃいけないわけです。


その委任状には、


「万が一自分が何かの役員に決まっても、文句言いません」


って内容の事が記載されているわけです。



『3月5日 土曜日 19時より』


勤務表を確認したら、お休みの日♪


でれる!役員をかつて9年したし、今の仕事は土日がお休みではないから

町内のことも責任持って出来る状況ではないし。


とにかく出席さえできれば、こっちのもんだわ!


偶然にも私のお休みに会議があるなんて、


神様って、やっぱり普段の行い見てるのね♪


委任状出さなきゃいけないことにならなくてホントよかった♪


こんな幸福感を味わいながら、会議室へ向かいました。


まずは皆さんにペットボトルのお茶なんか配られて、


和やかなムードで始まりました。


ホワイトボードには、町会長や副会長なんかはもう書き込まれていました。


数か所の空欄も手を挙げてくださる方により、埋まっていきます。


あと空欄が2か所ね。イイ感じで進んでおります。


連絡委員と美化委員さえ決まればお開きですぜ。




町会長さん「連絡委員をしてくださる方いらっしゃいませんか?」


シーーーーーーーーン・・・・・・・・・。


ここで、みんなフリーズしました。


今までのイイ感じが、ちょっとイヤな感じに変わってきてます。


みんな下向いちゃって、無関係ですというオーラだしてがんばってます。


そんな中で、私は断る理由もあるしと思い、余裕でその様子を見てました。



誰もいないなら、委任状提出者から選出したらいいのに、と思ってた時


前に座っていた顔見知りのおばさまが振り向き、


前のおばさま「ケイさん、連絡委員!」


え?なんかいった?


前のおばさま「ケイさん!連絡委員して!一番あれラクな役よ!」


私「ちょっとまって!私土日祝日お休みじゃないし、無理!」


おばさま、大きな声で押しの強さは天下一品。


そのへんの営業マンより仕事出来るかもと思わせる押しっぷり。


そこに感心している間に、私にスキができてしまった;;


そのスキを察知した私の横のおばさまがすかさず攻撃。


横のおばさま「自分の時間が空いてる時に、数か所回ったらいいだけだから^^」


と。


あ~~~好きな時間にできる役員って、断れる理由あるわけないじゃないですか・・・


気が付くと・・・・私・・・・


捕らわれた宇宙人みたいに、前と横のおばさま二人にそれぞれに手を持たれて


両手上げた格好になった瞬間に


前のおばさま「ケイさん!連絡委員します!」


って叫ばれていました・・・。



両腕捕まえられて、万歳しながら他人の口で役員に立候補する人見たことありません。



そんなわけで、好きな時間にお知らせを配るという、


運動不足な私にはピッタリのお役目が回ってきたようです。


これも神様が、私に運動させながら、町内のお役に立てるという一石二鳥の物を


与えてくださったのだと思いますので、


楽しく回らせていただきまーーーす♪




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。