フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

飽きてきたけど

今年初めてお会いする業者さん方と決まりきったご挨拶をしあう日々が続いております。


もう10日ですよね。
ここまでくるともういいんじゃない?と思いながら笑顔でご挨拶していますが、いい加減飽きてきました。


誰か、おもしろい挨拶でもしてくれないかな~と心でつぶやいていました。



そんな今朝、今年初の注文を入れたお弁当。
あ、また同じ挨拶が繰り返されるんだよね?とひそかに思っていました。


11時頃、いつもの元気なお兄さんが到着。


自動ドアが開いた瞬間にお弁当をもって走ってきます。
ドアから私が受け取る場所まで10mぐらいをなぜ走るのかはわかりません。
お弁当を落とすんじゃないかと余計に不安になりますが、
しかし!彼は走ります!10mをすごい勢いで!


そして彼は私の目の前にお弁当を差し出しました。


もう10日だけど、やっぱり言う?
今年初のご対面だから言っちゃう?


お弁当屋さん「今年もよろしくおねがいしまーーーす!」
私「よろしくおねがいします」


その後、すかさず言われた言葉が、


お弁当屋さん「今年もいい年になります!」


そう言って、彼は私にお弁当を渡して猛スピードで走り去りました。


え?


今年もいい年になりますようにじゃなくて、なります?


もしかして、あれは彼の宣言ですか?


予想していた言葉がビミョーに違うと、あれ?ってなるもんですね。


バレンタインデーにいきなりチョコ渡されて、
「Sくんに渡してください!」って言われた男の子ってこういう気持ちになるんだろうな~
いきなり意外な言葉を聞いたら固まるんだろうな~


私もお弁当持ったまま、彼の後ろ姿を見ながら固まってましたから。



「今年もいい年になります!」


新しい言葉で新鮮でした。
やっと珍しい言葉がきた!って一瞬嬉しく思いましたが、あれ、言われてからなにかスッキリしません。


やっぱり普通の挨拶でいいのかもと思いました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。