フツーに暮らしてますけど

いくつになっても「箸がころんでもおかしい年頃」のままで生きています。


日常のちょっとしたお話です。

お金が増えてしまう番号のお札の話

先日、『知らず知らずにお金が増える方法』を知ってしまいました。


末尾の番号が9のお札を、顔を下向きにしてお財布に入れる。



それだけです・・・・。


なんでも、やるだけはやってみようと、早速実践してみました。
お札部分に仕切りのないお財布なので、レシート一枚で仕切ってみました。


おつりで頂いたお札は全部チェックし、分けていきます。


一度だけコンビニでいただいたおつりの9千円が、
5千円1枚、千円が4枚のすべてが末の番号が9で、興奮状態になりました!
番号が何番だろうと5千円は5千円で、千円は千円なのに、
当りの5千円と千円をいただいた感じです。


ちょうど遠くに住んでる、いくつになっても素直で無邪気な姉から電話がきたので、
9のお札の話を教えると、


「きゃ~~そうなの!やってみるやってみる!」


と、予想通りにはしゃいでくれました。


うちのダンナさんも参加し、お試しで千円入れていました。
その後、私はコンビニのくじでヨーグルトとジュースが当りましたが、
それが9のお札のおかげなのかどうかもわからず、
ダンナさんは逆に出費が増えてる状態が続き、


「こんなの全然効き目ないな~」


と、つぶやいておりました。


姉に教えてから2週間後、また姉から電話が来て、第一声。



「あれすごいわね!もうお財布の中が9のお札でパンパンなんだけど;;大きなお財布買わないとダメかもって思って。これどうしたらいいの?お金いっぱい増えてるの」


「それ、少し抜いてひきだしにでもしまったら?」


と、提案させていただきました。


姉は、とにかく9のお札は使えないお札とし、千円札が20枚あっても1万円をくずして、お釣りの中から9のお札を見つけては逆さまに入れることをしていたので、すごい状態になっていたようです。


私もテキトーな性格なので、たまったらどうするのかも知ろうともせず、
知ってることだけ教えたので、姉のお財布がそうとう膨らむことも想像していませんでした;;


姉は
「9のお札ってきっとお友達呼ぶのね^^。すごいわ~」


って喜んでいますが、それは定かではありません・・・。
(9の番号だけを集めてるのはアナタですから)


口座の金額が減り、お財布には9の千円札が山ほどあるという形になっただけだと思います。
けれど、とにかくあんなに喜んでいる姉にそれを告げるのは、ちょっとやめときます。


ちなみに数日前に発覚したことですが、
何も増えないからやめると言い出したダンナさんは
自分のお財布から逆さまに入れておいたお金を取り出しました。


その時に衝撃の事実が!


末尾が9ではなく、2のお札だったのです......


眼鏡をかけないで数字を見ていた、そんな甘い感覚ではどおりで出費もかさむわけです。


喜んでいる姉と、落ち込んだ夫と、ひそかに宝くじを買った私の3人は
しばらく9のお札を手放さないことになると思います。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。